幼児教室とは、小学校入学前の幼児のための教室です。幼稚園受験、私立の小学校受験のための幼児教室、マナーを学ぶための幼児教室、音楽や運動などを教える幼児教室など、さまざまなものがあります。

幼児教室とは幼児が学習するためのものというイメージがありますが、英語、算数といった学習だけでなく、マナーや音楽といった日常的な学習を教えるものもあるのです。

幼児教室とは学習をする場所なので、幼児教室に通えば頭がよくなるというイメージを持っていませんか。早期教育をした方が子供の学習能力が高まるという意見がありますが、一方では早期学習の害も指摘されています。

幼児期は子供がのびのびと成長をする時期です。この時期に学習を無理に行わせて外で遊ぶ機会が少なくなり、子供の心の成長に影響がでるのではないかという意見もあります。

また、音楽一筋の学ばせるといった学習方法だと、子供の可能性を制限してしまうことにもなります。学習だけでなく遊びの面も考えて、バランスよく学ばせることが大切です。

 

幼児教室の選び方

幼児教室には、幼稚園や小学校受験、英語、音楽、マナー、運動などさまざまな目的のものがあります。数多くの幼児教室があるので、どこを選んだらいいのか迷いませんか。それでは、選び方を紹介します。

選び方のポイントは2つあります。

1つめは目的です。幼児教室に通う目的は何ですか。受験のための勉強をさせたい、日常生活に活かせるマナーを学ばせたい、サッカーやバレエなどにチャレンジさせてみたいなど、目的はさまざまだと思います。幼児教室といっても教えていることはそれぞれ違うので、目的にあった教室を選びましょう。

選び方の2つめのポイントは子供との相性です。親が通わせたいと思っても、子供が嫌がれば学習どころではありません。教室に入っても泣いてしまったり、じっとしていられない子もいます。体験をできるようなら、一度体験をしてみましょう。先生との相性、子供が楽しそうか、などをよく観察をしてください。子供が笑顔で楽しそうなら、相性がよい教室です。